ドローン検定まとめ!定番のドローン資格の取り方や費用は?

ドローンの資格

ドローンの定番資格「ドローン検定」。

ドローンの知識が客観的に証明できるようになる上に、現在あるドローンの資格の中でも手軽にとれることから、ドローン初心者には特におすすめの資格です。

今回はそんなドローン検定の取り方や取得にかかる費用などをまとめました。

ドローン検定とは?

ドローン検定は、ドローン検定協会が発行している民間認定資格です。

正式名称は「無人航空従事者試験」といいます。

ドローン資格の中でも手軽に取得できることから、人気の高いドローン資格となっています。

ドローン検定の目的

現在ドローンはレジャー目的以外にもインフラ工事・点検、災害救助などで官民問わず幅広く使われるようになりました。

しかし、活躍の場が増えると同時に、ドローンの飛行ルールを守らずに事故や事件を起こす例も増えているという問題も起こっています。

そのため、ドローンをより身近なものとして普及させていくためには、適切な知識と技量をもったドローンの操縦者が活躍することが重要です。

そこで、

「ドローンを操縦者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として」

ドローン検定が実施されるようになりました。

ドローン検定の種類

ドローン検定は4級から1級まで4つの級に分かれています。

それぞれの検定級で要求される知識レベルは以下の通りです。

ドローン検定4級

無人航空機を安全に運用することに必要な知識(基礎知識及び関連法規)を有する。

ドローン検定3級

無人航空機の機体特性や基礎技術、無線、関連法規に関する知識を有する。

ドローン検定2級

無人航空機を操縦・管理することに必要な、機体特性及び関連技術に関する十分な知識と気象学や関連法規及びリスク管理に関する知識を有する。

ドローン検定1級

無人航空機を操縦・管理・設計することに必要な、専門的知識を十分に有する。

ドローン検定の内容

ドローン検定はすべての級で筆記試験として行われ、実技試験はありません。

出題される内容は大きく分けると

  • ドローンの構造や用語などの基礎知識
  • 物理学(3級以上)
  • 工学
  • 気象
  • 飛行に関する特性
  • 関係法令

の6科目です。

受験する級数が上がるほど科目ごとの出題範囲が広くなっていきます。

例えば工学については4級では航空工学だけですが、1級になるとさらに

  • 材料工学
  • 流体工学
  • 電気電子工学
  • 無線工学

と全分野から出題されるようになり、より専門的で高度な知識を問う問題が増えていきます。

試験の合格には8割以上の正答が必要ですので、練習問題・過去問を解きながらドローン検定の公式テキストを読み込んで知識の定着を図りましょう。

ドローン検定を取るメリット

ドローン資格を取得すると以下のようなメリットがあります。

  1. ドローンに関する正しい知識を学べる
  2. ドローンの知識があることを客観的に証明できる
  3. 国土交通省へ許可申請をする際に資格証明書を添付できる
  4. 国土交通省認定の「基礎技能講習」の座学1が免除される
  5. ドローン検定合格のロゴマークを名刺やホームページに記載できる
  6. ドローン検定オリジナルグッズを購入できる

それぞれについて一つずつ詳しくまとめました。

1.ドローンに関する正しい知識を学べる

ドローン検定ではドローンの適切な飛行に関する知識を問われます。

そのため、試験対策をしているうちにドローンに関する正しい知識を身に付けることが可能です。

ドローンについて必要な知識を体系的に学ぶ機会というのはほとんどないため、ドローン操縦者にとっては大きなメリットとなります。

2.ドローンの知識があることを客観的に証明できる

ドローンに関する正しい知識が必要なドローン検定に合格すれば、ドローンの知識をしっかり身につけていることを客観的に証明することができます。

そのため、ドローンを使う仕事に就きたい場合に、管理・運用についての必須知識があるという自己アピールをすることができて有利です。

3.国土交通省へ許可申請をする際に資格証明書を添付できる

航空法の規制を受ける範囲でのドローン飛行をするときに国土交通省への許可申請をしなければなりません。

この許可申請の際に「操縦者の資格」欄にドローン検定の資格証明書を添付することができます。

飛行許可にあたってはパイロットの飛行実績や関連知識の有無が考慮されるので、ドローンの知識があることを客観的に示すドローン検定をもっておくと有利です。

とはいえ、ドローン検定を持っていてもすべての許可申請が通るわけではないので、注意しましょう。

4.国土交通省認定の「基礎技能講習」の座学1が免除される

ドローン検定の合格者は国土交通省認定の「基礎技能講習」の座学1が免除されるのもメリットの一つです。

ドローン基礎技能講習は操縦技能に関する講習ですが、知識の習得のために座学も行われます。

ドローン検定に合格していればドローン操縦の基礎知識があるとして4時間の座学が免除されます。

5.ドローン検定合格のロゴマークを名刺やホームページに記載できる

ドローン関連業務を行う上で大きなメリットとなるのが、ドローン検定に合格したことを示すロゴマークを名刺やホームページに記載できることです。

ドローン業務を発注したいクライアントにとってドローン検定に合格したパイロットは魅力的な人材となります。

そのため、クライアントが最初に目にする名刺やホームページに、一目で検定合格が分かるロゴがあると仕事の受注にとても有利です。

6.ドローン検定オリジナルグッズを購入できる

わかりやすいメリットというわけではありませんが、ドローン検定に合格することでオリジナルグッズを購入できるようになります。

オリジナルグッズは飛行ログを記録するノートやロゴ入りのジャケットやシャツが中心です。

これらのグッズは検定合格者だけしか購入できないので、ドローンを飛ばす時にドローン資格保持者であることをアピールできるようになります。

ドローン検定の取り方

ドローン検定受験の流れ

まずは、ドローン検定の受験申し込みから合否発表までの流れをご紹介します。

①申し込み

ドローン検定の公式サイトから

  • 受験を希望する級
  • 受験会場

を選んで申し込みをします。

受験級と会場により申し込みボタンが異なるので、間違いがないように気を付けましょう。

②受験料の振込

申し込みが終わったら受験料を指定される口座に入金します。

受験料の支払いが確認されると、受験票が郵送されることになっています。

振込からおよそ1週間程度で届く場合がほとんどのようです。

受験票に試験会場の詳細な情報が記載されています。

紛失した場合の再発行は行われないので、しっかりと試験日まで保管しておきましょう。

③試験当日

試験日には直接試験会場に行くことになります。

試験に必要なものは

  • 筆記用具(えんぴつ)
  • 消しゴム
  • 受験票

の3つです。

当日欠席した場合、試験が中止など主催者側に原因がない限り、受験料の返還や試験日の変更などは行われないので注意しましょう。

④合否の発表

試験から10日ほどで合否の通知が郵送されます。

また、合否確認通知の結果をもとにホームページ上でも合否の確認が可能です。

合格している場合には、合格通知から1ヶ月程度で合格証が届きます。

ドローン検定の受験資格

ドローン検定の受験資格は3・4級と2級以上で異なります。

具体的には、以下の通りです。

  • 4級:誰でも受験可能
  • 3級:誰でも受験可能
  • 2級:ドローン検定3級取得者
  • 1級:ドローン検定2級取得者

ドローン検定の試験方法

ドローン検定試験はすべての受験級で4つの選択肢から一つの正解を選ぶマークシート方式で行われます。

1問2点で50問出題され80点以上(40問以上正解)で合格です。

合格者の定員があるわけではなく自分の成績次第となります。

少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、毎年7~8割の合格者が出ているので、しっかり対策して試験に臨めば難しいことはありません。

ドローン検定の会場とスケジュール

ドローン検定は、ドローンの全国的な普及に伴い全国各地で行われます。

全都道府県で実施されるというわけではありませんが、北海道から沖縄まで各エリアで幅広く開催されているのが特徴です。

会場の詳細については申し込み後に郵送される受験票で確認することになっています。

また、試験の実施スケジュールは以下の通りです。

  • 4級:1月、3月、5月、7月、9月、11月の年6回
  • 3級:1月、3月、5月、7月、9月、11月の年6回
  • 2級:1月、3月、5月、7月、9月、11月の年6回
  • 1級:1月、5月、9月の年3回

1級だけが年3回の実施となっていますが、1年で複数回実施されるため試験合格のためのスケジューリングがしやすくなっています。

ドローン検定にかかる費用

ドローン検定の受験料は受験する級によって変わります。

級ごとの受験料は以下の通りです。

  • 4級:3,000円(税込)
  • 3級:5,600円(税込)
  • 2級:12,200円(税込)
  • 1級:18,300円(税込)

また、受験料の他にも勉強するときに使うテキストの代金もドローン検定にかかる費用と言えます。

テキストはドローン検定協会が発行する、3級・4級受験者向けの標準テキストと2級以上の受験者向けの上級テキストの2冊があり、いずれも2,200円(税別)で購入可能です。

まとめ

仕事として操縦する場合でも、趣味で飛ばす場合でも、安全なドローンの飛行をするためには幅広い知識が必要となります。

「ドローン検定」はそうしたドローンのための実戦的な必須知識の習得に役立つ便利な資格試験です。

また、ドローンを安全に操縦するための知識が備わっていることを客観的に示すこともできます。

そのため、本格的にドローンを操縦していきたい人、ドローン業界で活躍していきたい人にとっては是非とも取得しておきたい資格です。

「ドローン検定」に合格してドローンパイロットとしてレベルアップしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました