ドローンの始め方!ドローン初心者が知っておくべきこととは?

ドローンの知識

急速に普及が進んでいる「ドローン」。

ドローンには、航空法が定める”飛行ルール”など事前に知っておくべきことがあります。

ルールを知らずにドローンを飛ばして違反を犯してしまうと、最悪「逮捕!」なんてことにもなりかねません。

そんなトラブルに合わないためにも、ドローンを始める上で知っておくべきことを紹介します。

ドローンとは?

ドローンとは、人が乗らない「無人航空機」のことです。

ラジコンのように、無線による遠隔操作で飛ばします。

無人航空機は機体重量が200g以上の、農薬散布ヘリコプターや大きいラジコン飛行機なども該当します。

特に決まった形状などは無いですが、世間一般的には、4つのプロペラで飛び回る機体が「ドローン」と呼ばれています。

ドローン初心者が知っておくべきこと!

これからドローンを始める!

というドローン初心者にとって、知っておくべきことを紹介します。

ドローンの種類

ドローンの種類をざっくり分けると、

  • 200g以上のドローン
  • 200g未満のドローン
  • FPVドローン

の3つに分けることができます。

200g以上のドローン

200g以上のドローンとは、バッテリーを含んだ機体重量が200g以上のドローンです。

いわゆる通常の一般的なドローンです。

大きさ、デザインともに様々で、個人から企業まで様々な分野で活用されています。

飛行の安定性が高いものや、搭載カメラの性能が良いドローンが多くあるので、空撮などの利用に向いています。

200g未満のドローン

200g未満のドローンは、バッテリーを含む機体重量が200g未満のドローンです。

200g未満となると小型で簡素な作りの物が多く、おもちゃっぽいため、「トイドローン」と呼ばれることもあります。

空撮というよりは、飛ばして楽しむのに向いているドローンです。

200g未満のドローンは、国土交通省が定める”無人航空機”に該当しないドローンとなります。

そのため、

「航空法などの規制を受けないドローン」

として有名です。

しかし、200g未満とあっても、守らなければならないルールやマナーはあるので、注意が必要です。

▼200g未満でも注意すべきこと▼

【規制】200g未満のドローンでも注意!トイドローンにも適応される規制とは?
「200g未満のドローンは規制対象外」というのは間違い? 200g未満のドローンでも守るべき法律や規制は多数あります。 200g未満のドローンを飛ばす上で注意すべき法律や規制を一挙紹介!

FPVドローン

FPVドローンとは、VRゴーグルのようなゴーグルを装着し、ドローン視点で操作を行えるドローンのことです。

小型でスピードが出るものが多く、主にドローンレースに活用されています。

FPVドローンは通常とは違う無線周波数を利用しているので、FPVドローンを利用するには、別で無線資格が必要になります。

▼FPVドローンについてはこちら▼

FPVドローンとは?おすすめFPVドローンから必要な資格までFPVドローンのすべてをお届け!
FPVドローンとはどのようなドローンなのか?FPVドローンを飛ばす上で気を付けることからおすすめドローンまで、FPVドローンのすべてを紹介!

技適マーク付のドローンを買おう!

ドローン購入時は「技適マーク」付きのドローンを購入するようにしましょう。

日本では、無線技術を搭載した機器には「技適マーク」の表示が義務付けられています。

技適マークが付いてないドローンを使ってしまうと、違反となってしまうので注意しましょう。

日本向けで正規に販売されているドローンは概ね問題ありませんが、ネット通販などで販売されている海外製のドローンなどは、技適マークが付いていない可能性があるので、特に注意が必要です。

ドローンの飛行ルールを知ろう!

ドローンを安全安心に利用できるように、航空法などでドローンの飛行ルールが定められています。

法律として定められているので、違反すると罰金などの罰則が課せられることがあります。

飛行ルールの主な内容は、

  • 飛行禁止区域について
  • ドローンの飛行方法

などです。

詳細は以下の記事にまとめていますので、ドローンを飛ばす前に、一読をおすすめします。

▼飛行ルールについてはこちら▼

ドローンで知っておくべき規制とは?初心者必見!法律や条例などドローン飛行の知識を紹介!
ドローンを飛ばす上で知っておくべき規制とは? ドローン飛行に関する、法律や条例、規制などをまとめました! 規制対象外と言われている200g未満のドローンでも要注意です!

閣議決定!ドローンが登録制になる!

2020年2月28日に国土交通省はドローンの登録制度を新たに導入することを閣議決定しました。

2022年を目処に導入予定とのことで、導入後はドローンの機体や所有者の情報を国に登録されることが義務となります。

▼ドローン登録制についてはこちら▼

【閣議決定】ドローンが登録制に!2022年を目処に開始予定!
2020年2月28日に国土交通省がドローン登録制度に関する法律案が閣議決定したことを発表しました。これにより航空法も改正され、改正後はドローン機体や所有者の情報登録が義務となります。導入は2022年を目処に行われるようです。

まとめ

ドローンの普及とともに、墜落事故など、ドローンによる事故事件が多発しています。

多くの人が快適に、安全に活用できるように様々なルールが規制がされています。

正しいドローンの知識を身に着け、楽しいドローンライフを過ごせるようにしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました