国際宇宙ステーションとは?ISSでやっていることや歴史、観測の仕方など詳しくまとめました!

宇宙の知識

今や誰もが知っている有人宇宙ステーション「国際宇宙ステーション」。

地球の周りをぐるぐる回る、まさに人類初の宇宙基地!

そんな「国際宇宙ステーション」で

  • どんなことが行われているのか?
  • 国際宇宙ステーションの歴史

などを一挙紹介します

国際宇宙ステーション(ISS)とは

国際宇宙ステーション(ISS)とは、地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。

国際宇宙ステーションでは、人間が宇宙で生活し続けられるように設計されています。

1周約90分のスピードで地球の周りを回っています。

1998年に宇宙で造られ始め、2011年7月に完成しました。

ここで主に行われていることは、宇宙でしかできなさまざまな実験や研究を長期間行える場所です。

国際宇宙ステーションは実は、地上から明るく動く光点としても見ることができます。

2000年11月からは3名の宇宙飛行士がISSに滞在を開始し、現在6名体制で運用を行っています。

チームは約6か月ごとに交代しており、ISSに長期滞在している宇宙飛行士は、宇宙環境での科学実験やISSの保守作業などを行っています。

それでは、国際宇宙ステーションで行われている事を次に説明します。

国際宇宙ステーション(ISS)で行っている事

国際宇宙ステーション(ISS)では、2000年11月から宇宙飛行士が滞在し、宇宙空間でしかできない様々な実験や保安活動などを行っています。

では、活動している内容をご紹介していきます。

宇宙環境での科学実験

宇宙環境での科学実験とは、

  • 新薬の開発
  • 医学や生物学に関する実験
  • 物理学に関する実験

が日々行われています。

ISSの重力は地球の100万分の1ほどしかないため、地球上で重力によって隠れてしまう現象や、特殊な環境だからこそ起きる現象を細かく観察を行うメリットがあるのです。

ISSの保守作業

ISSの保守活動とは、国際宇宙ステーションの修理や、地上との通信等をスムーズに行うための環境維持活動にです。

具体的には、

  • 電力整備
  • 通信整備
  • 環境制御

などの環境維持です。

他にも、

科学実験で使用されるシステムの管理・修理

ロボットアームを用いた補給船(地上からの物資船)のドッキング作業

実験装置や試料(試験・分析・検査に使われる物資)の設置・交換

ISS本体

の修理を行っています。

国際宇宙ステーションの歴史

1998年11月21日:最初の部品打ち上げ

2004年にISSの完成をめざして、日、米、ロシア、欧州、とカナダなどが協力し最初の部品(モジュール)を20日午前11時40分(日本時間午後3時40分)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で打ち上げられました。

約10分後、高度約360キロの軌道に入り、その5分後に太陽電池パネルを広げることに成功し、宇宙空間で繰り広げられる国際協力の舞台づくりに一歩踏み出しました。

2001年6月20日:日本初の有人宇宙施設「きぼう」製作開始

ISSで日本が研究を行う場所を確保するため実験棟(国際宇宙ステーションの一部となる施設)の製作を開始しました。

日本初の有人宇宙施設「きぼう」と名付けられた実験棟は、愛知県飛島村の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所で着々と準備が進んでいます。

宇宙開発事業団が2004年にスペースシャトルで打ち上げ、2006年から10年間利用される予定です。アルミ合金製で、外径4.4m、内径4.2m、長さ11.2mの円筒形の形をしています。

2005年7月29日:ISS搭乗

飛行3日目を迎えたスペースシャトルは、28日午前7時18分(日本時間午後8時18分)、ISSとのドッキングに成功しました。

日本人飛行士の野口聡一さんらによる3回の船外活動(宇宙遊泳)等が実施されました。

ドッキング後、アイリーン・コリンズ船長に続いて2番目にISSに搭乗しました。

2008年3月12日:「きぼう」最初の部品を打ち上げ

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、11日午前2時28分(日本時間午後3時28分)、スペースシャトル・エンデバーを打ち上げました。

土井隆雄宇宙飛行士ら7人が乗り組み、日本初の有人宇宙施設「きぼう」の最初の部品を国際宇宙ステーション届けるため宇宙へ飛び立ちました。

日本の宇宙開発は新たな一歩を踏み出したのです。

エンデバーは夜空にオレンジ色の炎を放ちながら上昇し、約40分後に予定されていた軌道に入りました。

2009年7月20日:日本実験棟「きぼう」完成

日本実験棟「きぼう」は日本時間19日午前11時23分、最後の接続作業を終え、日本初の有人宇宙施設として完成しました。

ISS計画は1984年に当時のアメリカ大統領レーガン氏が呼びかけ、日本は翌年に参加を決めました。

「きぼう」完成までの約24年で約7600億円もの資金がかかりました。

2014年5月14日:ISSから地上に帰還

日本人で初めてISSの船長となった若田光一さんらを乗せたロシア宇宙船ソユーズが日本時間14日午前10時58分ごろ、中央アジア・カザフスタンの草原地帯に無事帰還しました。

宇宙での滞在は188日となり、宇宙滞在日数では日本人で最長記録となりました。

宇宙船ソユーズから抱えられながら無事帰還を果たした若田さんは、笑顔で手を振り、関係者全ての人に「ありがとうございます」と話し、宇宙での思い出を語っておられました。

実は、「きぼう」のある国際宇宙ステーション (ISS) は、条件があえば、あなたの住む街から肉眼で見ることが可能です。

国際宇宙ステーション(ISS)が見える3つの条件

あなたのいる場所からISSが見える条件は、大きく3つあります。

  • 空が晴れている時

この条件は私生活で馴染みがあると思います。ISSは雲より高い宇宙空間を飛んでいるため、曇っていると地上からは見えません。

  • あなたの上空付近を国際宇宙ステーション(ISS)が通過する時

ISSは、基本的に同じ軌道を回っています。しかし、地球が自転によって回転しているため、ISSが通過する位置がどんどん変化していくのです。

ISSは赤道面に対して斜めの軌道を90分かけて1周するのですが、その間に地球は 22.5 度回転します。

地上からの視点では、ISSの通過地点は西に少しずつずれていくように見えます。

  • 地上は夜だけど、国際宇宙ステーション(ISS)は昼

ISSは自分で光っているわけではありません。月やその他の惑星と同じように、太陽の光を反射して明るく輝いています。ISSを地上から見るためには、ISSに太陽の光が当たっている時間、つまりISSにとって昼の時間である必要があるのです。

なので、地上の昼間は星が見えないように、夜の間しかISSの輝きを見ることが出来ないということなります。

あなたのいる地上は夜、上空を飛行しているISSは昼、という状況下でなければ、ISSを見ることができないのです。

まとめ

ISSが完成するまでに、かなりの時間と資金を使用して、完成したのは紛れもなく先人たちの知恵と努力の賜物です。

ISS内部では、現在も新薬や生物に関する実験が行われており新たな発見が我々の生活で使用されていることもあるでしょう。

これからも、ISSの動向をチェックしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました